ビッグローブ光 IPv6オプションを正しく利用できているか確認したい

説明

IPv6オプションを正しく利用できているかは、以下のページで確認できます。

ネットワーク設備の混雑を緩和し、通信品質の改善が図れる次世代ネットワーク(IPoE方式)を利用した接続方式です。
IPv6オプションについて知りたい
IPv6オプション」と「IPv6オプションライト」の違いは何ですか

「v6プラスつかっています」と表示される場合

v6プラスつかっています」と表示される場合は、全ての通信をIPoE方式により接続できるため、IPv6オプションを正しく利用できています。

    @@3433@@
v6プラスは、新規受付を終了しています。

「v6プラスではありません」と表示される場合

v6プラスではありません」と表示される場合は、正しく利用できていません。
以下の項目をSTEP1から順番にご確認ください。

    @@3434@@

IPv6オプションをご利用いただくためには、IPv6オプション対応機器が必要となります。
下記ページをご参照いただきIPv6オプション対応機器をご用意ください。
IPv6オプションに対応しているルータを教えてほしい

確認された端末や接続方法がIPv6接続が無効になっている場合も考えられます。
以下の確認ができる場合はお試しください。

違うパソコンやスマホから確認してみる
パソコンの場合、無線/有線 の両方の接続方法で確認してみる

STEP 1/3<確認1>IPv6接続の環境かをチェックします
ご利用のビッグローブ光回線がIPv6接続ができているか、以下のページで確認します。

画面に「IPv6接続(Connected via IPv6)」と表示されれば、回線はIPv6接続ができています。STEP2へ進み、宅内でお使いの機器を確認します。
「IPv4接続(Connected via IPv4)」と表示される場合は下記の対処方法をご参照ください。

「IPv4接続(Connected via IPv4)」と表示する場合の対処方法

以下より回線の状況をご確認のうえ、次の項目へ進みます。
ビッグローブ光 IPv6オプションが利用可能になるタイミングを知りたい

■IPv6オプションが利用可能になっていない場合

  1. 回線が利用可能になっていない場合は、「IPv6オプション」の設定を個別にお申し込みください。設定が済みましたら設定完了メールが届きます。
    IPv6オプションを申し込みたい
  2. 「IPv6オプション」の設定完了メールを受信したら、回線がIPv6接続できているかをご確認ください。
    「IPv6オプション」のページ
    IPv6接続(Connected via IPv6)」と表示されればSTEP2へ進み、宅内でお使いの機器を確認します。
まだ「IPv4接続(Connected via IPv4)」と表示する場合は、下記の「■IPv6オプションが利用可能となっている場合」の内容を確認します。

■IPv6オプションが利用可能となっている場合

IPv6オプションが利用可能となっているのに、「IPv4接続(Connected via IPv4)」と表示する場合は、端末(パソコンやスマホなど)のネットワーク設定が、IPv6が有効になっていなかったり、IPv4優先になっていたりする可能性があります。以下のページを参照して、端末やルータのネットワーク設定を確認してみてください。
IPv6接続ができるオプションサービスを利用していてもIPv6接続にならない理由を知りたい

STEP 2/3<確認2>IPv6オプションの対応機器かをチェックします

「IPv6接続(Connected via IPv6)」と表示する場合

光回線とお使いの端末でIPv6接続ができています。
宅内でお使いの機器(ルータやホームゲートウェイ)がIPv6オプションに対応している機種か確認します。
IPv6オプションに対応しているルータを教えてほしい

既に対応機器をご利用の場合はSTEP3へ進みます。
対応機器でない場合は、以下をご確認ください。

■対応機器でない場合

  1. BIGLOBEでは、IPv6オプションに対応した接続機器をレンタルしております。
    以下のページよりお申し込みいただけます。
    ビッグローブ光・フレッツ光の方は→こちら
    ドコモ光の方は→こちら
  2. 接続機器のレンタルをお申し込みのうえ、設置が済みましたらはじめからご確認ください。
宅内でお使いの機器が光電話対応ルータ PR-200シリーズ/RV-230シリーズ/RT-200シリーズの場合は、レンタルしてもIPv6オプションの動作は保証しておりません。
STEP 3/3<確認3>対応機器のIPv6オプション設定をチェックします

■対応機器をご利用の場合の対処方法

IPv6オプションの対応機器をご利用で「IPv6接続(Connected via IPv6)」と表示するが、「v6プラスではありません」と表示される場合は、対応機器であるルータ/ホームゲートウェイがIPv6オプションを有効にする設定になっていない可能性があります。 お使いの対応機器ごとに、IPv6オプション設定をランプ状態などで確認してください。

「PPP」ランプが点灯している場合

  1. 光電話対応ルータのPPPoE設定を削除するか、最新版のファームウェアにアップデートされているか確認してください。
    ※ 光電話対応ルータの設定を削除する方法はマニュアルやメーカーHPをご参照ください。

    パソコンにPPPoE設定がされている場合は、削除してください。
    削除方法は以下をご参照ください。
    PPPoE設定の削除
    ※ 詳細はマニュアル等をご確認ください。
  2. 光電話対応ルータの電源をOFFにして、5分ほど経過してからONにしてください。再起動して「PPP」ランプが消灯していたら光電話対応ルータはIPv6接続になっています。
  3. 上記をお試しのうえ、以下のページでご確認ください。
    「v6プラスつかっています」と表示されれば正しく利用できています。
    IPv6オプション/v6プラス判定サイト

「PPP」ランプが消灯している場合

  1. 光電話対応ルータの電源をOFFにして、5分ほど経過してからONにしてください。再起動して「PPP」ランプが消灯していたら光電話対応ルータはIPv6接続になっています。
  2. 上記をご確認のうえ、以下のページでご確認ください。
    「v6プラスつかっています」と表示されれば正しく利用できています。
    IPv6オプション/v6プラス判定サイト
※接続機器(無線LAN付き)は、「Aterm WG1200HS3」を例として説明しています。

「ACTIVE」ランプが「緑」点灯以外の場合

  1. 接続機器(無線LAN付き)の「自動判別機能」が有効となっていることを確認してください。
    ※ 接続機器(無線LAN付き)は、自動判定機能が工場出荷状態で有効になっています。
    ※ 詳細はマニュアル等をご確認ください。
  2. 確認できたら、接続機器(無線LAN付き)の電源をOFFにして、ONUまたはVDSLモデムの電源もOFFにします。
  3. 5分ほど経過してからONUまたはVDSLモデムの電源をONにして、そのあとに接続機器(無線LAN付き)の電源をONにしてください。再起動して「ACTIVE」ランプが「緑」点灯していたら接続機器(無線LAN付き)はIPv6接続になっています。

    パソコンにPPPoE設定がされている場合は、削除してお試しください。
    削除方法は以下をご参照ください。
    PPPoE設定の削除
    ※ 詳細はマニュアル等をご確認ください。
  4. 上記をお試しのうえ、以下のページでご確認ください。
    「v6プラスつかっています」と表示されれば正しく利用できています。
    IPv6オプション/v6プラス判定サイト

「ACTIVE」ランプが「緑」点灯している場合

接続機器(無線LAN)付きはIPv6接続になっています。再度、以下のページでご確認ください。
IPv6オプション/v6プラス判定サイト

お使いの市販ルータの取扱説明書やマニュアル等を参照して、IPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)の設定となっているかどうか確認します。
市販ルータをIPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)を有効にする設定にして、再度、以下のページでご確認ください。
「v6プラスつかっています」と表示されれば正しく利用できています。
IPv6オプション/v6プラス判定サイト