よくある質問

Outlook 2016 メールの設定方法 (POP)

以下の手順で設定してください。

設定には、BIGLOBEメールアドレス、BIGLOBEパスワード、メールサーバの情報が必要です。
BIGLOBE会員証をお手元に用意しておくとスムーズに設定できます。

IMAPで設定する場合はIMAPの設定手順をご確認ください。

メールソフトでBIGLOBEメールをご利用いただけるのは、BIGLOBE接続コースをご利用の方のみです。

 

設定手順

  1. Outlook 2016を起動し、「次へ」をクリックする。
      Outlook2016_step01
  2. 「はい」を選択し、「次へ」ボタンをクリックする。
      Outlook2016_step02
    1.2.が表示されない場合
    Outlook 2016を起動し、メニューバーの「ファイル」をクリックする。
    Outlook2013_IMAP・POP_01_起動画面
    「アカウントの追加」ボタンをクリックする。
    Outlook2013_IMAP・POP_02_アカウント情報
    3.に進みます。
  3. 「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)」を選択し、「次へ」ボタンをクリックする。
      Outlook2016_step03
  4. 「POP または IMAP」を選択し、「次へ」ボタンをクリックする。
      Outlook2016_step04
  5. 以下のように設定し、[詳細設定]をクリックする。
      Outlook2016_step05_POP
    名前
    ※必須
    任意の名前を入力(メールの差出人として表示されます)
    電子メールアドレス
    ※必須
    ご自身の「BIGLOBEメールアドレス」を入力
    ※BIGLOBEの別名アドレス(使い分けアドレス等)でも利用できます
    アカウントの種類
    ※必須
    POP3
    受信メールサーバー
    ※必須
    mail.biglobe.ne.jp
    送信メールサーバー(SMTP)
    ※必須
    mail.biglobe.ne.jp
    アカウント名
    ※必須
    ご自身の「BIGLOBEメールアドレス」を入力
    パスワード
    ※必須
    BIGLOBE会員証に記載の「BIGLOBEパスワード
    ※パスワードを変更した場合は、変更後のパスワードを入力します。
    【注意】「接続パスワード」ではありません。
    パスワードを保存する パスワードを保存しておきたい場合はチェックする。
    ※チェックをすると、送受信の度にパスワードを入力する必要がなくなります。
  6. [送信サーバー]タブをクリックし、以下の通り設定する。
      Outlook2016_step06
    送信サーバー(SMTP)は認証が必要
    ※必須
    チェックする
    受信メールサーバーと同じ設定を使用する
    ※必須
    オンにする
  7. [詳細設定]タブをクリックする。以下の通り設定し、[OK]ボタンをクリックする。
      Outlook2016_step07_POP
    受信サーバー(POP3)
    ※必須
    995
    このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要
    ※必須
    チェックする
    送信サーバー(SMTP)
    ※必須
    465
    使用する暗号化接続の種類 SSL
    サーバーにメッセージのコピーを置く 必要に応じチェックする
    ※チェックすると受信済みメールもサーバ上から削除されず残ります。
  8. 「アカウントの追加」画面に戻ったら、[次へ]ボタンをクリックする。
      Outlook2016_step08_POP
  9. 設定が正しいか、接続テストが実行されます。
      Outlook2016_step09_POP
    エラーが出て、設定完了画面が表示されない場合は
    メールアドレス、ユーザ名、パスワード、サーバー名などの入力に誤りがあると、エラーが表示されます。
    手順5~7の画面で、正しい情報が入力されているか確認し、再入力してください。
  10. テストが完了し、設定完了画面が表示されたら、[完了]ボタンをクリックする。
      Outlook2016_step10

以上で、設定完了です。