よくある質問

メール設定のIMAPとPOPの違いについて

説明

メールの設定には「IMAP」と「POP」があります。
それぞれ特徴があり、ご利用状況にあわせて設定することが可能です。

IMAPについて

メールをサーバー上で管理するため、受信したメールの閲覧状況(既読/未読)やフォルダ構成を複数の端末から同じ状態で確認することができます。
パソコンやスマートフォンなど、複数端末でご利用される場合はIMAP設定がおすすめです。


メリット
  • 複数端末で閲覧できる。
  • フォルダ構成や既読/未読が一括管理できるためどの端末から閲覧しても同じ状態で見える。
  • Webメールで閲覧しても同様に見える。

デメリット
  • メールボックスには容量制限があり、5GB分までのメールしか保存できない。
  • 1つの端末(Webメール含む)でメールを削除した場合、削除されたメールは他の端末も同様に閲覧できなくなります。
  • 容量制限(5GB)を上回ってしまった場合、不要なメールを削除しないと新規メールの受信ができません。
    また、その間に送信されてきたメールについては、送信元にエラーで返ります。
    不要なメールを削除した後に、送信元にメールを再送してもらう必要があります。

POPについて

サーバーからメールをパソコンなどの端末に受信(ダウンロード)し、その端末で閲覧することができます。
1台の端末でメールを読みたい場合やパソコン上で保存管理したい場合におすすめです。


メリット
  • メールボックスの容量制限が端末の容量になるためサーバー上(5GB)より多くメールを保存できる。

デメリット
  • メールを保存していた端末が故障したり、機種変更をすると過去に受信したメールが閲覧できなくなる。
  • 設定次第では複数の端末でも閲覧できるが、フォルダ構成や既読/未読は端末それぞれの管理となる。