Outlook 2010 メールの設定方法(POP 手動で設定する)

説明

Outlook 2010 にBIGLOBEメールのメール設定を行います。
このページでは「POP」のアカウントを手動で設定する方法を説明します。

手順

  1. Outlook 2010を起動します。
    初めてOutlook 2010を起動した場合、ウィザード画面が表示されるので、[次へ]ボタンをクリックします。
      @@3236@@
  2. 「電子メール アカウント」画面が表示されるので、[はい]をクリックし、[次へ]ボタンをクリックします。
      @@3237@@
  3. 「自動アカウント セットアップ」画面が表示されるので、[自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする]にチェックをして、[次へ]ボタンをクリックします。
      @@3238@@
  4. 「サービスの選択」画面が表示されるので、[インターネット電子メール]のオプションボタンを選び、[次へ]ボタンをクリックします。
      @@3239@@
  5. 以下の表を参照して各項目を設定し、[詳細設定]ボタンをクリックする。
      @@3240@@
  6. 名前 メールの受信者側に表示させる名前
    電子メールアドレス メールアドレス
    受信メールサーバー(POP3) mail.biglobe.ne.jp
    送信メールサーバー(SMTP) mail.biglobe.ne.jp
    アカウント名 メールアドレス
    パスワード BIGLOBE会員証に記載の「BIGLOBEパスワード」
    ※パスワードを変更した場合は、変更後のパスワードを入力します。
    パスワードを保存する パスワードを保存しておきたい場合はチェックする
     ※チェックをすると、接続のたびにパスワードを入力する必要がなくなります。
    メールサーバーがセキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)に対応している場合には、チェックボックスをオンにしてください チェックしない
  7. 「インターネット電子メール設定」画面が表示されます。
    [送信サーバー]タブをクリックします。
      @@3241@@
  8. [送信サーバー(SMTP)は認証が必要]にチェックを入れ、[受信メール サーバーと同じ設定を使用する]を選択し、[OK]ボタンをクリックします。
      @@3242@@
  9. [接続]タブをクリックして以下のように接続環境にあった設定をします。

    ご利用の接続環境がADSL・光ファイバー接続の場合
    [ローカル エリア ネットワーク(LAN)を使用する]を選択します。
    @@3243@@


    ご利用の接続環境がダイヤルアップ接続の場合
    [電話回線を使用する]を選択し、[使用するダイヤルアップネットワーク接続]から送受信時に使用する接続先を選択します。
    @@3244@@

  10. [詳細設定]タブをクリックします。
    以下の表を参照して各項目を設定し、[OK]ボタンをクリックします。
      @@3248@@
    サーバーのポート番号
    受信メールサーバー(POP3) 995
    このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要 チェックする
    送信メールサーバー(SMTP) 465
    使用する暗号化接続の環境 [SSL]を選択

    配信
    サーバーにメッセージのコピーを置く 必要に応じチェックする
    ※チェックすると受信済みメールもサーバー上から削除されず残ります。
    サーバーから削除する 必要に応じチェックする
    ※チェックすると、受信から指定日後に削除されます。
    [削除済アイテム]から削除されたら、サーバーから削除 必要に応じチェックする
    ※チェックすると[削除済みアイテム]から削除されたら、サーバーからも削除されます。
  11. [インターネット電子メール設定]画面に戻ります。
    画面内の項目にある[[次へ]ボタンをクリックしたらアカウント設定をテストする]にチェックが入っていることを確認し、[次へ]ボタンをクリックします。
      @@3245@@
  12. 「テスト アカウント設定」画面が表示され、設定したアカウント宛にテストメールが送信されます。
    「状況」欄に「完了」と表示されたら、[閉じる]ボタンをクリックします。
      @@3246@@
  13. 「セットアップの完了」画面が表示されます。
    [完了]ボタンをクリックし、設定完了です。
      @@3247@@