BIGLOBE Wi-Fi Windows 8.1/10による「Wi2eap」「au_Wi-Fi2」へのWi-Fi接続手順

説明

Windows 8.1/10のパソコンで「Wi2eap」「au_Wi-Fi2」へWi-Fi接続するには、「Wi2eap」「au_Wi-Fi2」のアクセスポイントへ接続設定後、アクセスポイント一覧から「Wi2eap」「au_Wi-Fi2」を選択することによりお使いいただけます。

BIGLOBE Wi-Fiを利用する場合は、「「BIGLOBE Wi-Fi」特約」[当社提供](PDF)および「BIGLOBE Wi2サービス ご利用規約」[株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス提供]に同意の上、ご利用ください。


hint BIGLOBE Wi-Fiを利用するには、あらかじめ利用する端末のMACアドレスを、お客さまにて確認していただき、利用登録を行っていただく必要があります。

MACアドレスの確認方法と登録方法については以下のページのSTEP1とSTEP2を参照ください。
BIGLOBE Wi-Fiの接続設定方法(Windows)の「STEP1」「STEP2」

STEP3 Wi-Fi接続設定をする

「Wi2eap」「au_Wi-Fi2」のアクセスポイントへの接続設定

「Wi2eap」「au_Wi-Fi2」の接続設定を変更する場合や設定中にエラー画面が表示された場合は、既存の設定を一度削除してから再設定を行ってください。
BIGLOBE Wi-Fi Windows8.1/10による「Wi2eap」「au_Wi-Fi2」の接続設定の削除手順



手順1 「Wi2eap」「au_Wi-Fi2」を追加します

  1. タスクバーのWi-Fiアイコンを右クリックし、「ネットワークとインターネットの設定を開く」をクリックます。
    ※Windows 10でWindowsスタートメニューから開く場合、[Windowsシステムツール]→[コントロールパネル]→[ネットワークとインターネット]で同じ設定画面が開きます。
    @@3141@@
  2. [ネットワークと共有センター]をクリックします。
    @@3142@@
  3. [新しい接続またはネットワークのセットアップ]をクリックします。
    @@3143@@
  4. [ワイヤレスネットワークに手動で接続します]を選択して[次へ]をクリックします。
    @@3144@@
  5. 各項目に以下の内容を入力、または選択します。
    ※例として「Wi2eap」を入力しています。
    @@3145@@
    項目名 入力/選択内容
    ネットワーク名 「Wi2eap」「au_Wi-Fi2」のいずれかを入力してください。
    例:Wi2eap
    ※それぞれのSSIDを手動で接続する場合は同じ手順を繰り返してください。
    ご利用予定のアクセスポイントのSSIDを確認したい場合は、こちらをご覧下さい。
    セキュリティの種類 WPA2-エンタープライズ
    暗号化の種類 AES
    セキュリティキー (入力不要)

    [この接続を自動的に開始します]にチェックを入れ、[次へ]をクリックします。
    正常に設定されると下記の画面が表示されるので、次のステップに進みます。

    ※例として「Wi2eap」を追加しています。
    @@3146@@

手順2 接続の設定を変更します
  1. [接続の設定を変更します]をクリックします。
    @@3157@@
  2. [セキュリティ]タブをクリックします。
    @@3147@@
  3. ネットワークの認証方法の選択で「Microsoft:EAP-TTLS」を選択し、[設定]をクリックします。
    @@3148@@
  4. [IDプライバシーを有効にする]にチェックが入っていることを確認し、テキストボックスに「anonymous@biglobe.jp」を入力します。

    これらのサーバに接続のテキストボックスに「biglobe.wi2.ne.jp」を入力します。

    信頼されたルート証明機関の項目で[GlobalSign]にチェックを入れます。

    ※GlobalSignの項目が複数ある場合はそのすべてにチェックをいれてください。

    [サーバを承認できない場合に、ユーザーに確認しない]にチェックを入れます。

    [OK]をクリックします。


    @@3149@@
手順3 ユーザ名とパスワードを入力します
  1. 「Wi2eap」「au_Wi-Fi2」ワイヤレスネットワークのプロパティに戻るので、[詳細設定]をクリックします。
    @@3150@@
  2. [802.1Xの設定]タブで[認証モードを指定する]にチェックを入れ、[ユーザー認証]を選択します。
    @@3151@@
  3. [資格情報の保存]をクリックします。
    @@3159@@
    @@3152@@
  4. IDとパスワードの入力を求められるので、以下の内容を入力し、[OK]をクリックします。
    ユーザID BIGLOBEユーザID@biglobe.jp

    ※ BIGLOBEユーザIDのあとに「@biglobe.jp 」を必ずつけてください。

    例: abc12345@biglobe.jp
    (BIGLOBEのユーザIDが「abc12345」の場合)
    パスワード BIGLOBE会員証に記載の「接続パスワード」を入力します。

    ※「接続パスワード」とは、インターネットに接続する際に、必要なパスワードです。「BIGLOBEパスワード」とは異なるパスワードですので、ご注意ください。
    「BIGLOBEパスワード」と「接続パスワード」の違いはなんですか

    ※「接続パスワード」を変更した場合は、BIGLOBE会員証に記載の「接続パスワード」はご利用いただけません。必ず変更時に設定した接続パスワードを入力してください。

以上で設定変更は完了です。

STEP4 サービスエリアで接続する

「Wi2eap」「au_Wi-Fi2」の接続方法

サービスエリアにお出かけください!

  1. 「Wi2eap」「au_Wi-Fi2」の接続先を選択します。
    タスクバーのWi-Fiアイコンをクリックし、ネットワークを表示します。
    @@3153@@
  2. 表示されるネットワーク名の中から「Wi2eap」「au_Wi-Fi2」を探してクリックし、[接続]をクリックします。
    @@3154@@
    ※例として「Wi2eap」に接続しています。
    *

以上でWi-Fi接続は完了です。